FC2ブログ
CM・番組制作、MA業務や、演歌歌謡曲の音源制作やっています

キング?クラウン?? 仁義なきレコード会社の話

山口在住の作詞家「田村和男先生」は、
広島の「三宅立美先生」と並ぶ、中国地方作詞界の重鎮です。
なんといっても、鳥羽一郎さんが歌う
「海の匂いのお母さん」( 作詞:田村和男、作曲:船村 徹)が有名です。

そんな田村先生と知り合ったのは昨年のこと。
その時、「藤村 圭」さんの唄入れを当社でしていただきました。CDプレスはありません。

ミックスしてお渡しをしたのですが、作曲をされた岸本健介先生から連絡があり、
「いいんだけどね~、東京のキングレコードでピッチ補正するからヴォーカルトラック送って」といわれて、キングのスタジオへデータを送りました。
それまでは、演歌のピッチ補正って失礼かな?と思ってあまりしなかったのですが、その後は積極的にやるようになりました。

で、今回、田村先生がCD出来上がったと持ってきてくださってビックリ!

なんとレーベルは「クラウンレコード」じゃありませんか!!
110427.jpg


え?ヴォーカルデータは確かに、キングレコードに送ったよ???

田村先生がおっしゃるには、
「キングだクラウンだといって場合じゃないよ。CD業界も大変なんだから」

なるほど、レーベルを超えた制作をしないと生き残れないということか・・・
そういえば、昔、東京の楽団がカラオケレコーディングするとき、
「午前中はクラウンオーケストラ、午後からはテイチクオーケストラになるんだよ」と言ってたのを思い出した。

今後も仁義なき業界再編が続くのか??


[ 2011/04/27 09:10 ] 今日のお仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

duck miya

Author:duck miya
広島市内にある録音スタジオ。CMや番組制作は時代の流れか少なくなり、演歌・歌謡曲の楽曲制作やCDプレスが多くなりました。日々の業務を写真入りで紹介しています。